1972年11月  創立50周年記念家族会を新大阪ホテルで開催
大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏
  1972年度(井狩彌治郎会長)、露口四郎君を記念事業の委員長として、昭和43年(1968年)から準備が進められてきた50周年記念事業は、まず11月20日創立50周年を記念して井狩彌治郎会長と栗本順三君による「ロータリークラブについて」の対談が、毎日テレビで放映された。
 同日「創立50周年記念家族会」が新大阪ホテルで来賓50名、会員とその家族266名計366名の列席を得て盛大に催された。朝比奈隆君の指揮による100名近い大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏は錦上花を添えるものであった。記念事業の一つとして、全会員で300万円を拠出し、高等裁判所の堂島川添いの市有地にクスノキ・ケヤキ・ヒラドツツジ等を植樹し、翌昭和48年(1973年)6月完成式を行った。
 また露口四郎君執筆編集による「大阪ロータリークラブ50年史」が記念出版された。